天ぷらと天丼
京都
天ぷら かふう
京都天ぷらかふう 

京都の天ぷら〜冬〜

昼のお料理 お問合せ 店舗情報
冬は根菜類をはじめとした京野菜が美味しい季節
薄味に柔らかく炊いたりすりおろしてお餅状にしたりと
ひと手間ふた手間くわえた京都ならではかふうならではの素材をお楽しみください
かに足、ぐじ(甘鯛)、白子、牡蠣などの魚介も美味!
冬の天ぷら
ふぐ白子天ぷら ふぐの白子 650円
ねっとりとした独特の食感と
濃厚な味わいがたまりません
牡蠣天ぷら 牡蠣 320円
衣のさくっとした食感の後に
ジューシーな旨みと
磯の香が広がります
かに足焼き天ぷら かに足の焼き天ぷら 760円
松葉がにの足を天ぷらにしてから
網焼きにした一品
油が落ちた衣が香ばしさを醸します
かに足天ぷら かに足 760円(1本)
松葉がにの天ぷらです
かに特有の風味と甘みが広がります
ワカサギ天ぷら わかさぎ 220円
天ぷらにぴったりな独特の旨味
ゆり根天ぷら ゆり根のかきあげ 320円
ほくっとした食感と共に
甘さが広がります
ぐじ天ぷら ぐじ(甘鯛) 430円
10月頃より春頃まで
美味しくいただけます
淡白ながら独特の旨みがあり、
生でも焼いても蒸しても美味しく、
天ぷらにするとまた格別の
味わいとなります
帆立天ぷら 帆立(ほたて) 320円
ねっとりとした食感と共に
ふんわり甘味が広がります
海老芋天ぷら 海老芋京野菜 320円
里芋の一種
縞模様と曲がり具合が海老に似ていることからこの名前がつきました
肉質は緻密で粘り気があり、柔らかいのにもちもちとした食感がたまりません
堀川ごぼう天ぷら 堀川牛蒡(ほりかわごぼう)京野菜 220円
収穫までに1年以上を有する手間隙のかかった特殊なごぼう
独特の栽培法で直径8cm、長さ80cmという巨大な大きさにします
皮の部分をしっかりあくを取りながら柔らかく薄味に煮てから天ぷらにします
軽快な歯ごたえと共にゴボウ独特の風味が広がる素材です
もちかぶら天ぷら 聖護院蕪(しょうごいんかぶら)のもちかぶら京野菜 220円
重さ2〜3Kgにもなるその大きさと蕪特有の風味の強さが特徴の聖護院蕪をすりおろし、
餅状に仕上げた細工ものです
もちっとした食感と共に風味と甘みがほわっと広がります
京人参天ぷら 金時人参京野菜 220円
11月〜1月が最盛期の鮮やかな赤色が特徴の京野菜です
薄味で煮てから京みつばで束ねて天ぷらにします
甘みと人参特有の風味が広がる目にも舌にも美味しい一品です
くわい天ぷら くわい京野菜 220円
関西ではおせち料理の定番です
油との相性はよく、天ぷらにすることで引き出される甘みがほんのりとした苦味と共に広がります
九条ねぎ天ぷら 九条葱京野菜 220円
葉ねぎの代表
天ぷらにすると、ねぎ特有の風味と甘味が際立ちます
近年では1年中見られますが、本来の九条葱は10月に種をまいて稚苗を作り、
夏に一旦掘りあげて乾燥させたものを晩夏に定植して秋冬に収穫するという
1年以上の手間ひまをかけて作られます
京せり天ぷら 京せり 京野菜 220円
香りが強く、柔らかいところが特徴です
ビタミンA・Cが豊富で毒消しの作用もあり、体脂肪除去にも効果的
柚子の皮天ぷら 柚子の皮 220円
丁寧にろう質を取り除いてからほんのり甘く焚きあげた素材
通年天ぷら 春の天ぷら 夏の天ぷら 秋の天ぷら 冬の天ぷら
ページトップ